不妊症スクリ-ニング検査ついて|神戸市中央区の婦人科「はやし女性クリニック」

はやし女性クリニック

  • 078-351-1688

    【診療時間】10:00~13:00 16:00~19:00
    【休診日】木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

  • お問い合わせ

ブログ

カテゴリー:

不妊症スクリ-ニング検査ついて

  • 不妊治療

一定期間妊娠に至らず不妊症の診断がついた場合に、ご夫婦でまず最初に受けて頂く検査が「不妊症スクリ-ニング検査」です。当院ですべて受けて頂くことが出来ます。

 

日本産科婦人科学会が作成しているガイドライン「産婦人科診療ガイドライン」にはスクリ-ニング検査の項目について以下のように記載されています。

 

・基礎体温測定: 月経周期、排卵の有無を確認出来ます。

 

・超音波検査: 不妊症の原因となる筋腫や内膜症がないかを診断します。

 

・内分泌検査: 女性ホルモン値、甲状腺ホルモン値などを測定します。

 

・クラミジア検査: 卵管に炎症を起こす細菌であるクラミジア感染をチェックします。

 

・卵管疎通性検査: 卵管がつまっていないかを調べます。(子宮卵管造影、卵管通水など)

 

・精液検査: 精子の数や運動率が正常であるか調べます。

 

・頸管因子検査: 性交後試験 =ヒューナーテストといいます。子宮の入り口を精子が通過できるか調べる検査です。

 

これらの検査結果を踏まえたうえで、治療方針が決定されます。

 

検査で何も異常が見つからなければ、「原因不明不妊症」という診断になります。

 

実は、スクリーニング検査で大きな異常が見つかることは少ないのですが、よくある誤解が「検査で異常がなければ妊娠に関して問題がないのか?」ということ。

 

そうではありません。スクリーニング検査は妊娠に対する重大な問題を検出するためのもので、妊娠可能であると保証するものではないということです。

 

よって、スクリーニングで異常が見つからなかったから安心と考えてはいけません。

 

それから、検査項目に含まれていない「年齢」と「卵巣予備能」も、妊娠にとって非常に重要な要素です。

ページトップへ戻る