神戸市中央区の婦人科「はやし女性クリニック」

はやし女性クリニック

  • 078-351-1688

    【診療時間】10:00~13:00 16:00~19:00
    【休診日】木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
    ※土曜午前の診療は予約制となります。

  • お問い合わせ

人工妊娠中絶

人工妊娠中絶とは

人工妊娠中絶とは、何らかの理由で赤ちゃんを産めない場合、人工的に妊娠状態を中止して胎児を子宮外に出すことです。胎児の発育が見られなかったり、お腹の中で死亡してしまったりする場合は流産となります。
人工妊娠中絶が可能なのは妊娠21週までで、12週を過ぎると子宮収縮剤を使用した流産という方法に切り替わります。また、12週以降の人工妊娠中絶の際は胎児の死産届提出や、埋葬許可証の取得が必要となります。
母体への負担が大きい人工妊娠中絶ですが、希望する場合は早目の受診をおすすめします。

プライバシー遵守に努めています

守秘義務は医療従事者にとって基本となる医療倫理です。患者様にとってはプライバシーの権利として当然のことであり、医療行為の内容にかかわらず保障されるものです。
特に中絶手術は、患者様にとってとてもデリケートな問題ですから、当院では特に慎重に個人情報を扱っており、スタッフ全員が患者様のご不安を最小限にできるよう努めています。

当院の治療方針

当院では、予期せず妊娠をしてしまったり、妊娠の継続が困難になったために来院される患者様のご相談をお受けしております。妊娠継続について迷っている場合には、医学的な立場からしっかりと方針を決めるためのサポートを行います。また、最終的に妊娠を継続しないことを決断された場合には、手術から術後フォローまでの心と身体のケアを大切にし、次回妊娠に不安を残さないよう努めてまいります。

3つの特長

安全

手術法や検査機器の進歩により、現在では中絶手術のリスクがかなり低くなっています。吸引法と呼ばれる最新の方法では、身体に対する負担も少なく、時間も大幅に短縮されます。

痛みが少ない

中絶の麻酔は現在確立されており、痛みを感じることはほぼありません。寝ている間に終わるので、手術を受けていることも覚えていません。

日帰り手術

初期の人工妊娠中絶手術であれば、入院の必要はありません。日帰りで行えます。
病院によって異なりますが、当院では約半日で帰ることが出来ます。

早めの受診が大切です

望まない妊娠をしていることが判明し、困惑されるかと思います。判断が遅くなってしまうと、母体への負担が非常に大きくなります。そんな時はお一人で悩まずに、まずは当院にご相談ください。皆様の心と身体をサポートいたします。

中絶手術が可能な期間

人工妊娠中絶をおこなえる期間は、母子保護法により妊娠21週6日までと決まっています。
妊娠4~5週だと子宮口が開きにくく、妊娠10週以降では出血が多くなるリスクが伴います。したがって、人工妊娠中絶を希望するのであれば妊娠6~9週頃が適していると言えます。
12週以降になると中期中絶となるため、数日間の入院が必要となります。

初期中絶(妊娠6〜11週)

人工妊娠中絶が行なわれる理想的な時期は、6週から9週までです。11週までは日帰りで手術が可能です。
当院の初期中絶手術では、子宮に負担の少ない吸引法を採用しています。

中期中絶(妊娠12〜21週)

中期中絶では、入院が必要になります。妊娠12~13週の場合、2泊3日で子宮内容除去手術が可能です。
14週~21週では通常4~5日の入院が必要で、陣痛促進剤による分娩となります。

手術の流れ

1.検査

まずは、患者様の希望をよく確認します。その後簡単な術前検査(血液検査や感染症の検査など)を行い、手術日を決定します。 手術には、ご本人と配偶者もしくはパートナーの同意書へのサインおよび捺印が必要です。

2.手術説明

担当医師より、手術の方法・麻酔の方法・合併症等を説明いたします。その後、手術日程の相談及び手術の注意事項・持ち物についてスタッフより説明をいたします。

3.手術

簡単な診察の後、前投薬の注射を肩に行い、超音波検査で十分な安全を確認しながら、静脈麻酔下に吸引法の手術を行います。
手術は10〜15分程度で終了します。回復室で約3時間ほどお休みになってからご帰宅していただきます。

吸引法とは

この手術は子宮の中に柔らかい細いチューブを差し込んで、手動吸引器で内容物を吸い取る方法です。器具を使用して内容物を掻き出す掻爬法肉に比べ、手術時間も短く、出血・子宮内膜へのダメージが少ないことが特徴です。

4.会計

手術当日の朝には、血液検査・麻酔・手術、その他の費用含めて、110,000円(消費税込)をお支払いいただきます。術後の観察については無料で行っておりますので、ご不安なことや気になることがございましたら、ご来院ください。

5.手術後検診

数日後に来院していただきます。その後は、月経が回復するまでのしばらくの間、2〜3回通院していただきます。
また、今後の妊娠・避妊についてもご不安なことがございましたら、ぜひご相談ください。

手術時の痛み

手術の間は、モニターを装着した全身管理のもと、静脈注射による麻酔を行います。眠っている間に手術が完了するので、手術中の痛みはほとんどありません。ご不安な方はご相談ください。
また、術後の痛みについては、痛み止めの内服薬を処方いたします。

手術後のケア

術後数日~10日間ほどは、少量の出血や痛みがみられます。ナプキンはこまめに交換してください。術後しばらくは入浴せずシャワーにして、外陰部を清潔に保ちます。感染予防のため、医師の許可がでるまではセックスは禁止となります。
手術当日は、自宅安静をしていただきますが、翌日からの軽作業は可能ですので、詳しくはご相談ください。

手術後の妊娠の影響は

適切な診察と手術を受けていれば、手術後でも正常に妊娠・出産することは可能です。
安全に人工妊娠中絶を行なうには、医師の熟練した技術・徹底した感染症予防・中絶後のフォローアップケアが大切です。当院では、患者様の身体を第一に考え、それらに細心の注意を払って手術を行なっています。また、メンタルケアにも気を配っているので、不安なことがありましたらいつでもご相談ください。

自費診療料金表

保険診療か自費診療かは、ご相談の上できるだけ配慮いたしますが、医師の判断によります。
また、全ての自費治療に関しましては、事前に一覧表に記載がある通り提示・説明させていただきますので、ご希望の方はお気軽にご質問ください。

※消費税別

初診料 1,000円
術前診察料 2,000円
術前血液検査 5,000円
手術料 100,000円
術後観察 無料

ページトップへ戻る